足立区 入谷 歯科(歯医者)|みわ歯科クリニック

歯は一生のパートナーだからこそ、定期的にメンテナンスとチェックが大切です。
アットホームな院内・治療方針ですので、お子様と一緒にご家族そろってお気軽にご来院ください。

訪問歯科のご案内

HOME > 訪問歯科

訪問歯科とは

みわ歯科クリニックでは訪問歯科診療を行っております。訪問歯科診療についてあまりご存じない方も多いのではないでしょうか。
訪問歯科診療では、通院が困難な方々を対象にご自宅・施設・病院等へ歯科医師・歯科衛生士がお伺いし、歯科治療を行います。
身体を動かすことが不自由で、行動に制限がある方々にとって食べることは大きな楽しみではないでしょうか。
また、入れ歯があわなくて食べにくさを我慢している事も多いのではないでしょうか。
当院では、そのような患者様に対し、適切な処理が行えるように日々努めております。ご家族様や介護者様におかれましては、安心してご利用いただけるように診療体制を整えております。
私達の歯科治療により、皆様が少しでも快適に暮らせるよう願っております。

ご自宅で安心して歯科診療が受けられます

お一人で通院するのが難しい方や、介護を受けておられる方・・・
あきらめずに、訪問診療をご利用下さい。
歯科医師・歯科衛生士がお伺いし、歯科医院で行う治療と同じように最後まで出来ます。

「患者さんの1番の味方」

私達は、患者様の尊厳を守り、患者様の思いを共感できるよう、常に患者様の視点で診療にあたります。
また、治療だけではなくその後の定期的なケアにより、QOLの向上のお手伝いをしたいと考えております。

診療について

ポータブルレントゲンを携帯していますので、通常訪問診療では判断の難しい診療もご安心ください。
診療場所はベッドサイド・枕元周辺のスペースで診療可能ですので、診療はご都合の良いお部屋でさせて頂きます。


MRSA・HBV・HCV・結核菌・HIV感染症等への対策も万全です。
対策@ ウェルバスによる手洗いの励行
対策A ディスポーザブル器具の使用
対策B 消毒液及び、高圧蒸気滅菌機にいよる器具の滅菌

対象者について

対象者の原因疾患例

訪問対象者に該当するかの最終判断は、歯科医師が行います。
口腔乾燥、義歯、歯周病、口臭、摂食・嚥下、虫歯など、気になる方やお困りの方はいませんか?
訪問診療を初めてご利用になる方は不安がいっぱいあると思います。
まずは、歯科検診のみからでも受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

診療費について

交通費・出張費等は一切かかりません。

上記治療費に関しては口腔内状況により多少異なる場合がありますので目安としてお考えください。

報告書について

当院は、診療内容報告書を作成し、ご自宅に置かせていただきます。

またご紹介様・担当ケアマネージャー様へ診療内容のご報告を書類にてお渡し致します。

診療までの流れ

高齢者の口腔内

A.不完全な口腔内清掃や口腔機能の低下などが原因です。

口臭

不快な体臭や口臭は周囲の人を遠ざけ、人とのコミュニケーションをその人の人格に関係なく阻害してしまいます。

チェックしてみよう!
@歯磨きが適切でないために取り残された歯垢
A治療していない虫歯
B進行した歯周病による歯茎の炎症
C歯科治療での詰め物やかぶせ物の不適合
Dブリッジのはずれの有無
E口腔乾燥症
F舌苔
G義歯の歯垢
以下のような原因があれば、その治療が口臭の対象になります。

すぐ出来る口臭予防のポイント
口のクリーニング
歯垢・・・プラークコントロール
舌苔・・・舌クリーナー
口の乾燥を防ぐ
お茶を飲む、保湿剤、唾液の分泌を促す(ガムを噛むなど)

口臭除去は介護をより明るく、要介護者のQOLを向上させるための大切な口腔ケアなのです。

口腔ケアについて

きちんとした口腔ケアにより、QOLが向上します。一般に、QOLとは、ある人がどれだけ人間らしい生活を送り、「幸福」を見出しているかをとらえる概念のことです。

インフルエンザ予防と口腔ケア


口腔ケアが、インフルエンザ予防に効果があるというのはあまり知られていませんが、再診の研究では、ケアをきちんと行う事で、インフルエンザの発症率が1/10まで減少することがわかりました。
インフルエンザウィルスが体の中に入って増殖し病気を引き起こすためには、軌道の粘膜を通過しなければならないのですが、粘膜にはたんぱく質の覆いのようなものがあり、ウィルスが簡単にくっつかないように出来ています。ところが、ある酵素がそのたんぱく質を破壊してしまい、ウィルスが入りやすい状態つくると、そこで大増殖するわけです。この酵素(プロテアーゼという)は、歯垢、歯石、舌苔(ぜったい)などから発生することがわかっています。そこで口腔ケアにより口の中の細菌を減らしたところ、プロテアーゼ量の減少が確認されました。そしてインフルエンザの発症が抑えられたのです。
正しい歯磨きで、歯と歯茎の間の歯石、歯垢はきちんと除去。舌は、専用の舌ブラシか古くなった歯ブラシで磨くことがインフルエンザの予防に繋がるのです。
インフルエンザ予防は、とくにご高齢の方にとっては「手洗い、うがい」「マスク」とともに「口腔ケア」も重要だということです。

口腔ケアについて

口腔ケアとは、歯や入れ歯のお手入れだけを意味するものではありません。『口』の持っているあらゆる機能(話す・食べる・呼吸する等)を守ることが口腔ケアの本来の意味であります。

歯周病

認知症には、脳血管性とアルツハイマー型の2種類があります。そして脳血管性認知症の原因は脳卒中です。
脳卒中は、動脈硬化を防ぐことが大切なポイントです。歯周病菌は動脈硬化を促進するので、歯周病を防ぐことが脳血管性の認知症リスクを減らすこととなります。

アルツハイマー型認知症は、脳に萎縮が見られるのが特徴です。CT(コンピュータ断層撮影)画像検査での調査で残っている歯が少ない人ほど脳の萎縮が進んでいたという報告があります。更に、アルツハイマー型認知症の人の方が健康な人より残っている歯が少なかったのです。(右グラフ参照)

歯周病は、早く見つければ、ていねいな歯磨きで治ることもあります。次のようなチェックで早めに対処しましょう。

歯周病について

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは、口腔内の唾液や細菌が誤って軌道に入り込むことで起きる肺炎のことです。
誤嚥は特に夜間に起こりやすく、誤嚥を起こしても『ムセ』などの自覚症状がないことがあります。
これを繰り返すと誤嚥性肺炎を起こします(不顕性誤嚥)。また、胃の中の内容物が逆流し軌道に入った場合にも誤嚥性肺炎が起こることがあります。
このようなことを防ぐためにも、食前・食後のきちんとした口腔ケアが大切になってきます。
特に、要介護高齢者においては、口腔衛生状態を良好に保つことにより、QOLを著しく低下させる不顕性誤嚥による肺炎を予防することが報告され、介護予防という視点からも注目されています。

実際に口腔ケアを実施した人たちと口腔ケアを実施しなかった人たちを比べると、肺炎の発生率はおよそ40%減少させる効果がありました。


佐々木秀忠ら、V主要疾患の歴史 11.誤嚥性肺炎、日本内科学会雑誌創立記念号第91巻第6号
2003より引用改変

毎食後の口腔ケア
きちんと合った入れ歯の使用
身体の状態に合った食事形態
発声練習(パ・タ・カ・ラなど)
嚥下体操

など様々な予防法があります。お分かりにならない点等ございましたらご相談ください。

口腔ケア教室のご案内

当院では、口腔ケアの大切さをより多くの人に知っていただくために、口腔ケア教室を開催しております。

上記内容は一例となります。
ご要望に応じ、応募者様・講義内容等は対応可能ですのでお気軽にご相談ください。
日時・場所等もご要望に応じます。

歯科検診のご案内

こんな方に・・・
訪問診療を受けたことがなくて不安がある方
どんなスタッフが来るのか安心してから受信するか決めても構いません。
半年以上歯科にかかられていない方
定期健診として使用していただいても構いません。
費用が負担な方
歯科検診後、おおよその費用・期間等ご説明可能です。
口腔内について疑問がある方
歯科検診時に歯科医師に直接聞くことが可能です。

『検診を受けたら、訪問診療を受診しなければならない』と思われている方、ご安心下さい。
当院は、ご本人様・ご家族様の意向を尊重致しますので無理に受診を勧めたりはいたしません。

訪問エリア

訪問歯科診療のエリアに入っているかお分かりにならない際はお気軽にお問合せください。
病院、老人ホーム等の施設におきまして歯科検診を行っております。
お気軽にお問合せください。

お申し込み方法