足立区 入谷 歯科(歯医者)|みわ歯科クリニック

歯は一生のパートナーだからこそ、定期的にメンテナンスとチェックが大切です。
アットホームな院内・治療方針ですので、お子様と一緒にご家族そろってお気軽にご来院ください。

みわ歯科医院からのお知らせ

ハワイ研修に行ってまいりました

9月上旬、主任歯科衛生士・村越初美とチーフ歯科衛生士・山田あゆみでハワイに研修に行って参りました。

写真1.jpeg

日本とアメリカの歯科衛生士のライセンスをもお持ちで、ハワイの2つのクリニックで働いていらっしゃる富田杏子さんにハワイの歯科医療事情を教えていただいたり、色々なクリニックや企業、大学に案内して頂きました。

アメリカと日本では保険事情も違うので、専門医が沢山います。
私達は、エンド専門医(神経の治療専門医)のクリニックに見学に行かせて頂きました。
日本との治療のちがいを目の当たりにしてきました。
日本の医療は10年遅れていると言われますが、10年後は日本でも今ハワイで行っている治療ができるのかと思うと、もっと患者様がより長期的に歯を持たせる事ができる期待が膨らみす。

写真3.png

写真4.png

今回私達が1番興味があり楽しみにしていた、ハワイ州立大学マノア校キャンパス歯科衛生士科の訪問です。

写真5.jpg

アメリカでは、歯科衛生士はなりたい職業TOP5に入るほど、人気のある職業です。しかし、ライセンスを取得するには難しいらしいのです。
まずは、大学に入学し、基礎科目で優秀な成績をとらないと歯科衛生士学部には進めません。歯科衛生士になるには狭き門みたいです。

写真6.jpg

日本とは違い、アメリカの歯科衛生士は麻酔もできます。
なので、学生のうちにみる患者様の数も日本とは歴然の差です。

写真7.jpg

 

写真8.jpg 


学生さんは、歯科衛生士になるという誇り、やる気に満ち溢れていました。

写真9.jpg

アメリカでは歯科予防商品のとっぷシェアをほこるHENRY SCHEINにも伺わせて頂きました。そこで働く歯科衛生士の方にコルゲートという歯磨剤やクリニックで使うフッ素について講義を受けました。

写真10.jpg

 

写真11.jpg

日本では歯磨剤に含まれるフッ素の濃度は、昨年からやっと1450ppmまで許可がおりるようになりました。
しかし、アメリカでは当たり前の濃度で、それでも満足しない方や、虫歯のリスクが高い方には処方箋がだされ5000ppmの濃度のフッ素が入った歯磨剤が使えるらしいです。

写真12.jpg

 

写真13.jpg

理事長の同門で、高校の級友でもある、ハワイで開業なさってる佐野先生のクリニックにも伺わせて頂きました。
ハワイでのPMTCのこと、使っているものなど色々と教えていただきました。

写真14.jpg

 

写真15.jpg

日本の技工所である、ハワイ支局のASOinternationalにも行って参りました。
日本の技工士さんが3名いらっしゃいました。ハワイではもう殆ど歯形をとらないようで、今は3Dカメラで撮影して被せ物をつくるのが当たり前のようです。石膏模型もなく、3Dプリンターで模型を起こして被せ物を作るそうです。何より驚いたのは、ハワイでは技工士さんの免許は必要ないようで、日本の技工士さんが現地の方に教えているそうです

写真16.jpg

 

写真17.jpg

ハワイで見て学んだことは、日本の医療は10年も遅れていることを実感したことです。わかってはいたものの実際目にすると、肌身で感じ骨身に染みました。
しかし、その10年後を見据えることができたので、今私達のクリニックで何ができるかを考えながら、患者様が今より健康になり、豊かな生活を送って頂けるお手伝いができるようスタッフ一同努力して行かなくてはと強く思った研修でした。

写真18.jpg

前後のお知らせ
« 安心・安全の医療宣言 足立区 11月は糖尿病月間です »